かよが届ける防災と暮らし 福岡から

防災や片づけ、ダブルケアに関すること、関連イベントのお知らせを発信するブログです。ライフオーガナイザー。社会福祉士。3人の娘の子育て中。

子どもが留守番中に火事になったら?

地震や災害が起きることを前提にして、特に子育てに関わる人が普段から取り入れやすい防災、いつの間にか出来ていた防災の情報を発信しています、福岡のライフオーガナイザー®︎ つるさきかよです。

 

 

地域で防災啓発活動や

防災講座の講師もしている

防災士のトシコさんから

以前教えてもらった

具体的な情報をお知らせしたいと思います。

 

 

 

元消防隊員からの情報

火災予防について

 

 


◆子どもだけで留守番中の火災

・もし自分が外出中で火事を知ったら
・救助隊員に子どもが居るだろう場所を早く知らせる

 

◆子どもの留守番

・留守番中は特にライターなどの置場所に細心の注意を払う

 

◆消化器の置き場所はどこ?
・消火器(剤)を置く場所をよく検討

・火元に近すぎだと近寄れないため

 


◆🔥火事から逃げる時
・気道熱傷にならないよう、なるべく濡れたタオルやハンカチなどで口と鼻を覆って、ガスも吸わないよう低い姿勢で逃げる


・高熱の中逃げるので、気管が火傷すると命にかかわる。呼吸困難となる

・火傷は、逃げている時は必死なので気づかず、後から痛くなったりしてわかってくる

 

 

空気が乾燥する季節になりました。

大人だけでなく子どもにも、絵本などを使って

お話してあげたいですね。

 

 

とくに、おうちがIHで

お子さんが火を見たことがない場合には、

火は熱いもの、燃え広がると大変なもの

と知らせることが大事かと思います。

 

 

以上、トシコさんからのシェアでした!

 

 

******************

防災にも役立つ

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

友だち追加