いっぱいいっぱいはもう卒業!余裕が生まれる暮らしの作り方

片づけ、子育てや介護に関すること、関連イベントのお知らせを発信するブログです。ライフオーガナイザー。社会福祉士。3人の娘の子育て中。

片づけサポート(ご相談・作業)サービスのご案内

子育てと介護のダブルケアを そっと応援 寄り添いを大切にする 福岡のライフオーガナイザー®︎ つるさきかよです。

******************

はじめましての方はこちらから

www.clear-river.jp

 

  \こんな希望ありませんか?/

  • 片づけ全般について
  • モヤモヤを片づけたい
  • 自分のおへやを癒される空間にしたい
  • 時間を有効に使いたい
  • 自分ひとりでは無理そうだから一通りやり方を教えてほしい
  • やることが多くても片づく仕組みづくりを手伝ってほしい
  • いのちと暮らしを守るために
  • 災害準備をしたいから具体的な方法を知りたい
  • 備蓄品を準備してるけど、一緒に見直しを手伝ってほしい
  • 家族への感謝表現として
  • 親へありがとうの感謝を伝えたい
  • 親と一緒に住んでくれているきょうだいに感謝の意を伝えたい
    など、さまざまなご要望にお応えできます。くだらないかしら?こんなことできないよね、と思わずに、まずはなんでも相談してみてください。

 

******************

片づけサポート(ご相談・作業)サービスのご案内
内容詳細

 

 

 

1,親のことが気になるけど何から始めたらいいかわからない方向け

実家の片づけで親ともっとコミュニケーション・お片づけサポート・はじめてパック3時間〜小さくなった親と一緒にお片づけをして安全で優しい暮らしを届けよう〜

親御さんへ感謝を伝えたい方におススメのパックです。実家を片づけたい方、お父さんお母さんに『捨ててよ』と言わない片づけを一緒に考えていきましょう。この3時間はご実家を無理に片づけません。ヒアリングと体験レッスンのお時間となります。まず実家のことで悩んでいるあなたにお話をきく2時間があり、1時間はご自宅で引き出しひとつ、棚一段など小さなスペースの片づけ体験レッスンをご用意しております。『え?なんで実家じゃないの?』と思われるでしょうが、そこに秘密があります。自宅の空間や自分の思考を片づけることで生まれてくる心の余裕や幸せに気づく力、親へのコミュニケーションを考えるレッスンになります。

 サービス料  3時間11,000円+交通費(1回のみ)

 ******************

2,親のことが心配なのに家族だから喧嘩してしまう、、、第三者がいることでスムーズな関係をつくりたい方向け

お父さんお母さん元気にしてる?コース〜月に一度、片づけ手伝いに行きます♩〜

継続的に使いたい方はこんなことも可能です♬こちらはヒアリングを受けられた後の方やご実家にお住まいのご両親の了解を得られた場合に、お使いいただけます。もちろん、ご自宅でも結構です。娘さんお嫁さんであるあなたと一緒に行きます。親の異変にきづくには会っていないと難しいです。頻度などご要望をお聞きすることも可能です。ご相談ください。一緒に考えて行きましょう。

サービス料 5時間22,000円+交通費
  • 3回 15時間コース(3ヶ月以内) 66,000円+交通費(半年メールサポートつき)
  • 6回 30時間コース(6ヶ月以内) 132,000円+交通費(1年間のメールサポートつき)

もあります。

 

******************

 

3,地震や水害が起きた時を想定して備えたい方向け

あんぜんに暮らす部屋づくりを訪問アドバイス(初回のみ)

それならできそう、と感想がいただけるハードルの低い防災サポートを実施しています。実際にご自宅に訪問します。お話を聞きながら空間を見てその家庭に応じたサポートをお届けします。自分でやりたい方向けです。訪問後、1ヶ月以内に1時間のオンライン無料アフターフォローがついています。

 サービス料 1時間4400円+交通費 

作業依頼の方は下記のご用意もあります。

 

4,災害準備を進めたい方向け

おうち防災備蓄アドバイスつきお片づけサポート3時間

実際にご自宅に訪問します。お話を聞きながら空間を見てその家庭に応じたサポートをお届けします。ヒアリングと片づけ作業のお時間となります。ヒアリングを終えたら、作業を一緒に行っていきます。『今から何をしていったらいいか』はそのお宅で違いますので、一緒に考えて行きましょう。

サービス料 3時間13,200円+交通費

 

いずれも交通費は別料金となります。
福岡市などは場所によっては無料で伺うことが出来ますので、ご相談ください。

 

 お問い合わせはこちらから

mailform.mface.jp

 

f:id:oyakoasobikariyusi:20210703224354j:plain


 

 

片付けたい!!いま収納悩みモンモン妖怪が頭にいる方へ

こんにちは。片づけコンサルタント、ライフオーガナイザーのつるさきです。

掃除や片づけをやろうとしたら、まず収納用品を買いたくなる方、ちょっと待って!!

収納用品を買いたい方が

そのおうちのままで収納を増やすセッション

2022、はじめます。

 

気になる方は

 

こちらから

 

 

ライフオーガナイザー

鶴﨑佳世

https://www.clear-river.jp/

 

 

 

母の歳を超えて思うこと

おはようございます^^

 

今日は七夕🎋
そう思うだけで爽やかな気分になります。

 

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。

 

 

先日、44歳になれました😊
温かいメッセージを送ってくれた皆様に心から感謝します。ありがとうございました。メッセージを受け取っていなくてもどこかで思い出してくれた方にも、ありがとうと思っています♡

 

 

前にも書きましたが、若い頃はなんとなく母の生きた年齢を越えられると思えませんでした。

 

母はわたしが高1の秋に癌が見つかり、高校2年生の夏、一年足らずの闘病生活でなくなりました。

 

わたしはどのように人生を歩むにしても、『きっと母みたいに終わりが早いから、急ぎ足でとっとと人生を進めなきゃ!早く早く!』と思っているところがありました😊


思い込みって不思議ですね😂

 

 

人生半ばで天に召された母が遺したモノを片付けたしんどい経験や、

 

病室ではわたし達子どもには何も言わなかった母なのに、亡くなったあとに父やおばには言っていたと知る『中途で子どもを遺していくことの無念さ』の感情。

 

それらを知ったから、わたしは後悔しないように、なんでも挑戦してみようと思うようになりました💓

 

 

偶然にも今年の誕生日にはメンタルオーガナイザー®︎の継続学習会でセルフイメージを考える機会があり、いざ自分と向き合って感じたのは、

 

『やっぱり自分の人生は自分の頭と手でつかみ、自分の足であゆんでいくんだ!』ってことでした😊

 

なんて素晴らしいタイミングで考える機会を授けてくださったんだろう、と思いながら、受講していました。

 

メンタルオーガナイザーになって良かったのは、こうしてメンタルオーガナイズを提供するわたしたち自身が心を整えるための時間をしっかり取れることです。任意の学習会ですので、時間を取ろうとするかしないかは、自分が選べます。

 

本やYouTubeだけでは見られない、奈都子先生だけでなく、日々クライアントさんと空間と心の片付けをするメンタルオーガナイザーたちの心の捉え方や小さなきづきをもらえることが、実はわたし自身の空間のオーガナイズサポートにも役立つことがたくさんあるのです。

 

 

わたしの話に戻ると、変な完璧主義だったのも、すべてをクリアにしないといやだと思っていたのも、原点は【途中で急に人生が終わるかもしれない、という恐れ】にあったのではないか、と思いましたね😊それまでは、パッパラパーだったから、経験って人の思考も変えるんでしょう。

 

 

だけど気付きました。

自分が自分に課すほど、他人は自分を見ていない^^

 


母の歳を超えたら不思議なことに、もう色々手放して生きて行こうと思えるようになりました。

ライフオーガナイズに出会え、そしてメンタルオーガナイズに出会えたことで、私は落ち込み過ぎず、ポジティブに考え直せるスイッチを手に入れ、私らしく生きられています。

 

これからの一年も

だれかを真似しない

わたしのままで

生きていきたいと思います。

 

 

いつも読んでくださる方

ありがとうございます。

 

 

******************

 

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

 

町のために防災啓発をやってきて良かったと思えた日

日本全国、毎日暑いですね!
お元気ですか?✨✨
体調、崩していませんか?

 

 

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。

 

今日は想いが溢れているので、長いです。

お飲みものを用意してお読みください☺︎笑

 

f:id:oyakoasobikariyusi:20220705083257p:image

 

7/1の夜は、【防災まちカフェ®︎かすや】に参加してきました。わたしにとって身近で、車で10分以内で行ける、とても行きやすいサンレイクかすやで開催されました。

 

 

わたしが出会った大好きな人、かもんまゆさん始め、備災ママスターズ福岡で5年ずっと一緒に活動してきたあやさん、えこさん、ひろ美さん、

ニコニコかすやプロジェクトで一緒に活動してきた隣の小学校PTA会長のあつこさんと娘さん、

わたしが小学生の頃に行っていた夜須高原の自然塾に高校生ボランティアできていた、私の人生を福祉関係に導いてくれたながみ、

f:id:oyakoasobikariyusi:20220705083542j:image

左から、わたし、かもんまゆさん、ながみ。

 

3月にあった県主催の地域防災シンポジウムでご一緒させていただいたRKB毎日放送の龍山キャスター、

前日に知り合ったミコー薬局のヨガ講師のんちゃん、 

声をかけたらみんなみんなきてくれました。

 

わざわざ足を運んできてくれて、やっぱり会えるっていいなとあたたかい気持ちになりましたよねー。

もちろん!みなさんにきてくれてありがとうの感謝を伝えました。コロナが収束していて、開催でき、本当に良かったです。

f:id:oyakoasobikariyusi:20220705083403j:image
f:id:oyakoasobikariyusi:20220705083358j:image
f:id:oyakoasobikariyusi:20220705083408j:image

 

そして、今回はわたしたち備災ママスターズ福岡(=いつもの中の人)でなく、まったく別のママが主催をすることで、ご縁がつながり、どんどん新しく防災ママカフェや防災まちカフェの地震や台風で被災したママたちの心の声や智慧が広がっていくことがとても素晴らしいと感じました。

 

 

主催の彼女たちは、2018年わたしが粕屋町で企画した『防災*かすや』の自主開催講座に参加してくれたママたちの中のふたりでした。

 

わたし一人、発災時の過酷さをかもんさんや別の防災講座で知っても、心の中で思っても、粕屋町の子どもや大人を災害から守れません。

 

 

4万8000人の町民が、どうしたら、自分で自分のいのちを守ろうとするか考えたとき、まずはママたちから伝えていこうと行動を始めた講座で出会えたのでした。

 

 

それから、高齢者、子ども、障がいのある人へと広げて行こうと頭の中で考えていました。

 

コロナで2020.2021はなかなか活動ができず、わたし自身もやもやしていましたが、2022また始めていきたいな、と思っていたところ、かもんさんから長崎県島原市で講演することを聞いたのです。

 

 

わたし自身は、今しかできない子どもたちのことを優先して地域や学校の役員を引き受けたため、片付けサポートの仕事とともに非常に時間的に充満しており、備災ママスターズ福岡や防災*かすやでの主催は難しいとお断りしました。

 

でも、せっかくかもんさんが九州にきてくださるのなら、『どなたかやりたい人いないかしら?』と考えを巡らせ、ずっと前から『組合(団地)でやりたい、でもいいとこまで行くけど、組織だからうまく話が通らない』と相談されていたママのひとりにお声かけして、今回の開催が決まりました。

 

彼女は、かもんさんのされているソナエトークにもパパとともに参加してくれた気持ちがあるママです。わたしの企画したゴーシ先生の食育講演もきてくれました。環境や食なども大切にしている、そんな女性なんです。

 

彼女はまだまだ小さい子もいるし、主催はとても大変だったと思います(この一文では表現できません、笑)が、このひと月、とてもよく頑張っていました。

 

私も13年、何回もいろんなイベントをやってきたら、わかります。

今回主催は難しかったですが、忙しさの間でできることはやろう、と決めました。まずは、彼女たち主催メンバーがやる、と決め、粕屋町に何にも準備しないで話にいく、と行っていたため、(笑)『仕事の空き時間についていくよー』のメッセージとともに、まちづくり支援室の浩子さんにすぐ連絡しました。

粕屋町の後援が取れないか、支援室の浩子さんに相談しに行こう、色々聞きに行こう!!』とそのママに連絡して、動き始めたのが、ちょうどひと月前でした。

 

 

浩子さんが町に説明してくださり、後援の話はとてもスムーズに進めることができました。かもんさんのことは2018年からお伝えしていますし、内容をよく理解し把握して下さっている方です。

 

以前、2018年に男女共同参画で町が主催でやったことがある信頼できるイベントだということ、その防災ママカフェ@かすやの反響のこと、講師でくるかもんまゆさんが日本全国を回って講演する人気の防災講師だというプロフィールの説明。イベントってこうゆう事前の準備が整っているだけで、全然違うんですよね。そして、やりたい!って言った時にだれが手を差し伸べてサポートしてくれるか、がとても大事だと思っています。

 

今回の開催の大成功のキーとなったのは、町と繋いでくれたまちづくり支援室なんです。

 

粕屋町でのネットワークは、ここ5年で地道に作ってきたから、なんとなくわかるようになりました。

 

2014年に出会えた、粕屋のことならなんでも知ってる村井さんに、【わたしまだかすやの民間では誰もやってない防災の啓発をしたいんですが、どんなふうにしたら広げていけますか?】と星乃珈琲店で模造紙を広げて図を書いてもらいながら、話を聞いてもらったのが最初でした。

 

あれから、役にたちそうなイベントに参加したり、まちづくり支援室を紹介してもらったり、いろんな場所に挨拶しに行ったり。

今回は、2017年最初に村井さんにお会いしたことを強く想う時間でもありました。

 

 

ママを始めとして
おじいちゃんも
おばあちゃんも
たくさんの子どもたちも
近くの保育園の先生や
幼稚園の先生
学校の先生
町役場職員さんも
きてくださっていて、主催のママたちがどれだけ声かけを頑張ってやったかが伝わる会でした。

 

 

今回、久しぶりにかもんさんの話をゆっくり参加者として聞くことができ、本当に最高でした。あらためて初心にもどることができました。

 

私は次は学校防災を準備しているので、ご縁作りのために数年前から小学校、今は中学校のPTA役員をして4年目なのですが、あの人PTAの学校運営会議であったおじさまだ、嬉しい、次回お声かけさせてもらおう、とか、


あのママたぶん同じ小学校な気がする、また会えたら、以前、防災まちカフェにきてませんでした?って声かけようかな!とか、

 


知り合いがたくさんいる会っていいなーと思いました💓

 

 

わたし自身は、防災を伝えながらも、
・先生たちは仕事で忙しいんじゃないか
・夜はママたち1番忙しい時間よね
・パパも疲れてるしなー
と、企画の段階から、ひとの気持ちを考えすぎるのが弱み😅

 

夜を選択肢から外すことが多かったので、新しい感覚を体験させてもらえました。

 

 

参加者は100名越えでした!!
めっちゃすごかったなぁ。
主催のママたち、本当におつかれさまでした✨✨

 

 

この会を開催するにあたって、わたしに時間とチカラを貸してくださいました皆様、本当に本当にありがとうございました💓

 

Facebookでは、いちばんの主催の彼女がタグ付けできないのが残念!!あんまりアカウントを使っていないから、繋げて欲しくないってことでした。そうだね、そういうこともあるよね。

 

 

 

みんなでまちをつくって
いのちやくらしを守っていきたいと思いますので
これからもよろしくお願いします

 

 

ライフオーガナイザー

備災ママスターズ福岡

つるさきかよからでした!

 

 

******************

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

 

 

災害がくる前に!整理収納や片づけのこと

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。



先日、熊本で大きな地震が起きましたね。久しぶりに福岡もわかりやすく揺れました。わが家も高い階に住んでいるので、耐震のため、ぐらりぐらりと長めの揺れを感じました。

 

 

地震が起きてまず、わたしがするのは、懐中電灯の電池切れを確認すること、モバイルバッテリーの充電、日用品や食料品の状況確認などです。

 

 

地震や台風でおうちに異常が起きると、まず最中は瞬間的には、恐怖や不安が湧きます。それから、起きた直後には焦りや心配、何をしたらいいんだろうと呆然となるように、心はとても忙しいです。

 

空間と心を片づけることも必ず出てきます。

まずは見える空間からはじめてみませんか?

 

 

普段から、片づけの仕組みを取り入れておけば

発災時も空間の片付けを始めるのはかんたんです。

 

空間の片づけのコツ

①部屋はシンプルにモノは適量に♪
②大事なモノとそうでないモノは分ける
③すぐに片づける習慣をつける
などが災害が起きる前から出来ることです。


地震、台風の影響を考える


①避難経路となる廊下や出入り口にはモノを置かない。

 

地震なら散乱します。
台風で電気がつかえなくなれば、暗闇ではひっかかり転んでしまう原因になります。

 

② 飛んでくるものだと思ってモノを置く

 

テレビも炊飯器もオーブンレンジも遠慮なく飛んできますし、浸水したら勢いよく水に流れてきます。
ハサミや包丁も同じです。包丁は普段から使ったら、シンク内かすぐに洗って扉内に片づけます。
柔らかくないものは、家電も収納用品もモノもすべて凶器になります。

 

③外に置いてあるものは他人の家を破壊する可能性があると知っておく

 

地震はいつくるかわからないから、今要らないものはすばやく撤去しておきます。
台風では毎回自宅の室内に移動させる必要があります。

以上、台風や地震の影響を考えた時、事前にできることでした。

 

 

さぁ、自分でやってみよう、と思われたら、まずは避難経路になる床から取り掛かりましょう。

 

どこから始めていいかわからない、、、

ひとりじゃやる気が出ない、、、

そんな方は片付けサポート初回訪問、伺います。

プライベートは守ります^^

安心してご依頼ください。

 

 

予約可能日

7月は11日、14日午後、15日、21日、28日、29日は空いています。(6/28現在)

予約はお早めにいただけると、希望日に伺えます。

 

 

******************

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

 

コンビニでプリントする

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。

 

長女は現在中3。生徒会で、書記をしているのですが、USBメモリを持って帰ってきては、時々パソコンで作業します。

中学校は教室が足りなくなりパソコン室がまるまる無くなったとのことで、学校で間に合わなかった場合は家で作業しています。

 

今週末に行われる中総体が近く、部活が休めないため、学校で作業できず、持ち帰りでした。

 

まだ未提出だった図書委員会の文章を入力して、印刷!

 

のところで、用紙がB4ということが判明。

 

自宅はA4の出力しか出来ないので、近くのコンビニ、セブンイレブンUSBメモリを持ってプリントをしに行きました。

 

コンビニ(セブンイレブン)のプリント方法

■事前

①データをPDFファイルに変換する

②メモリに入れる

③メモリの中はファイルにして整理しておくと選びやすい

 

■コンビニでやること

①コピーでなく印刷を選ぶ

②小銭、500円、100円、50円、10円のいずれかを準備

③静電気の放出

USBメモリ、挿す

⑤白黒かカラー選ぶ

※カラーはちょっと高い😅

⑥様々、好きなようにカスタマイズする

⑦選んだら、用紙の大きさを選ぶ

⑧印刷する

 

5分もかからずできて、もしパソコンは持っていて、プリンタ壊れたり印刷ができない時はこうしてやったら、いいよ、を娘に教えられて良かったな、と思います。

 

 

生徒会も他の生徒よりやることがあり、早く行って掲示板を書いたり、おたよりを作ったりしています。

こうして色々なことにチャレンジすることはきっと、本人の人生をより良くしているなぁと感じられて、親としても良い経験を一緒にさせてもらっています。

 

 

この記事が誰かの役に立てば、嬉しいな。

 

ちなみに、次女には以前、KPOPのセブンティーンをiPhoneで印刷して。と頼まれていきました。みんな違ってみんないい、です♪

 

たまにしか印刷しない人も、かんたんなので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

******************

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

 

 

 

 

 

 

受験生、始まるよの合図

先日、学校から、三者面談のお知らせが届きました。

 

f:id:oyakoasobikariyusi:20220611080607j:image

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。

 


娘たちの受験は始まりが遅いんだなと思うんですよね。
わたしが中学の時は2年生くらいから、学校から言われてなかったかなぁ?三者面談二年生でもあったような。

 


夏から親に頼んで、塾の部活生コースに行ってた懐かしい記憶も蘇る。
きっとあの時はみんなが行くから、行きたかったのかな。
塾では近辺の学校の子もきていて、友達関係がぐっと広がった。高校への電車通学が、楽しかったのは、塾のおかげでもある。

 

 

たしかに、いま、子どもたちは忙しい。

毎日、朝練、夕練と部活をしてたり、わが家は生徒会だったり、受験勉強をする時間を作るには、今やっていることが終わらないと色々は難しいだろう、と感じる。

 

たいして親はすることはないけれど、何ができるかな。マンションにいると、空を通じて、中学の武道館から、子どもたちの声が届く。

 


部活が終わったら、少し余裕ができるだろうから娘と一緒に朝型に変えてみようかな。

 

体の調子が良くなりそう。

 

 

******************

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

洋服のリサイクル♻️を始めよう

みなさんは、リサイクルボックスは使っていますか?

今回はそれを使う最適なタイミングをお知らせします。

 

 

子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー/シニア生活環境オーガナイザーつるさきかよです。

 

 

最適なタイミング、

それは『洋服を買い替える時』です。

 

✅ 季節が変わる

✅ステキなコーディネートを目にした

✅人と会う予定がある

✅クローゼットを見てもいま着たいモノが見つからない

わたしは、そんな時、洋服を買いたいなぁと思います。

みなさんはいかがですか?

 

片付けサポートを仕事にしていると多くのお宅で片付けたい!と言われるモノの代表があります。それは衣類です。

ですから、もしも買いたくなったら、まずはお持ちの衣類をすべて見直して、今大好きなモノを探してみます。そこで、次はそうでもないモノの数を減らしてみるのです。『収納できる場所はある?どこに収める?』とご自身で空きスペースを確認してから、買いものに出かけたら、溢れることはありません。

 

手放すのが難しい

もう着たくないけど

(涙)ゴミにはしたくない

(涙)おうちから出すのが苦手

(涙)まだ着れるかもと思ってしまう

(涙)でも新しいモノも欲しくなる

そんな方にはリサイクルボックスが手間いらずで便利です。

 

お洗濯をして乾いたら、綺麗に畳みます。

お手元にある紙袋などに入れて、持参します。

 

行こうとしている場所が何枚の洋服まで受取可能か、何時から何時まで受入れしてくれるか、などホームページなどを見て、事前に調べておきましょう。

 

持ち込む場所、そのひとつに
H&Mのリサイクルボックス』があります。

 

f:id:oyakoasobikariyusi:20220516002637j:image

自社ブランドでなくても受取可能なのは嬉しいポイントです。

 

 

片付けたいのに捨てられない、分けたけれどおうちの一角から出せない方にも、ぜひ試していただきたい方法です。

 

 

一緒にリサイクルを楽しみましょう。

 

一枚取り入れたら、一枚は減らしませんか?ご自分でお洋服が多いかも?と思う方は、一枚取り入れる時に何枚減らす、というルールをぜひ作ってみてくださいね。

いつも好きなものに囲まれて過ごすお手伝い、親切丁寧にさせていただきます。

 

 

******************

片づけ作業や片づけ相談、講師依頼のお問い合わせはこちらから https://www.clear-river.jp/

 


#片付けのその先を見通すお手伝い #なりたい暮らしを応援する #片付けたい #片付けられないを卒業したい #あなたも整理しませんか? #ライフオーガナイザー #Clearriver #organize

友だち追加